[Terraform] destory するときに AWS [email protected] がなかなか削除されない件

AWS Terraform

CloudFront で Basic 認証をかけたり、サブディレクトリー以下のデフォルトアクセスを index.html にしたりするには [email protected] を利用しますよね。

独自ドメイン当てたり、HTTPS 対応したりするのを手動でやっていると抜け漏れなどがあり、意外と面倒になってきたりします。

そんなときに Terraform を使うわけですが、何度も環境を作り直すため、作っては壊したりを繰り返していると度々下記のエラーが発生します。

* aws_lambda_function.fn: Error deleting Lambda Function: Lambda was unable to delete arn:aws:lambda:~~~~~~~ because it is a replicated function. Please see our documentation for Deleting [email protected] Functions and Replicas.
        status code: 400, request id: ********-****-****-********

このエラーはエラーメッセージの通り、[email protected] 関数とレプリカの削除 を見れば原因が分かります。

読んでみてこういう解釈をしました。

CloudFront のエッジロケーションにおいて、Lambda を用いて細かい設定ができるのが [email protected] ですので、エッジロケーションに実行する関数のレプリカが作られるのでしょう。 そのレプリカは CloudFront から外されたタイミングで削除依頼が出され、その削除には数時間かかるということみたいです。

つまりは terraform destory 一発では消せないということですね。

一度、destroy を実行したら時間をおいて実行、というのを完了するまで繰り返す他なさそうですね。

参考

AWS Terraform