Linux: プロセスの一時停止と再開(CentOS)

Linux

終了までに時間のかかるバッチ処理を実行している際に、負荷的な面などから一時的に処理を停止させたい場合があります。

その際、kill コマンドでそれが実現できます。

プロセスの一時停止

# kill -s SIGSTOP {プロセスID}

一時停止しているプロセスの再開

# kill -s SIGCONT {プロセスID}

実際に上記のコマンドを実行するときには、まず ps コマンドにて一時停止させたい処理を探します。

# ps aux
USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
.
.
.
root     12345  0.0  0.0  13540  1484 ?        R    Sep19   0:00 /usr/bin/find /path/to/demo/ -type f -print0

プロセス ID(PID)が 12345 のプロセスを一時停止させます。

# kill -s SIGSTOP 12345

本当に処理が一時停止しているか確認します。 主に STATT になっていることを確認します。

# ps aux
USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
.
.
.
root     12345  0.0  0.0  13540  1484 ?        T    Sep19   0:00 /usr/bin/find /path/to/demo/ -type f -print0

次に一時停止している処理を再開させます。

# kill -s SIGCONT 12345

再開されたかを STATSR になっているかどうかで確認します。

# ps aux
USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
.
.
.
root     12345  0.0  0.0  13540  1484 ?        R    Sep19   0:00 /usr/bin/find /path/to/demo/ -type f -print0

時には便利。

参考 URL

Linux